$高円安が進行し130円突破!

大二です。

久しぶりの為替コメントです。「前回は125円まで125円まで行っちゃいます」でしたが、

$高円安が進行し130円突破!

本日、日銀決定会合が開かれましたが政策変更はありませんでした。つまり大規模金融緩和が継続されます。

黒田総裁は会見で

*「当面は感染症の影響を注視、必要なら躊躇なく追加緩和」「強力な金融緩和を粘り強く続ける」→ 金融緩和姿勢を強調しました。

*為替に関しては、

「為替の変動が経済・物価に与える影響を十分注視」

→ 円安になって輸入コストが上昇してしまい各企業は価格転嫁(値上げ)をせざるを得なり食品中心に実施されています。つまり景気の上昇を伴わない物価高には注視しますよ。といっても注視しているだけでは、、

「為替の短期的な過度な変動は先行き不確実性を高める」→ 為替が急激に動くのはまずい

「為替相場はファンダメンタルズを反映し安定推移が望ましい」

とはいうものの日本の景気回復が遅れており、アメリカの景気は加速状態。だからドルは買われて円は売られる。経済ファンダメンタルズには則しています。   が、、、一応牽制しています。

ただ為替介入(日銀が$売り円買い)ができるわけでもなく、このままジワジワ$高円安が継続してしまうはず。目先のターゲットは2002年の高値の134円となります。さてLet's see.

投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、発行者は責任を負いかねますことをご了承願います。Chart1提供TradingView

LIKE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。