為替情報

大二です。

海外の金融市場は1月1日のみ祝日。4日から2021年がスタート。以下概況です。

菅首相の「緊急事態宣言の検討に入る。コロナ特措法改正を通常国会に提出」の発表で日経平均株価が下げに転じ(終値は前日比185.79円安)リスク回避の円買いにより$円は102.70まで下落。一部メディアが報じたところによると、政府は1都3県に向けた緊急事態宣言を最短で7日(木)に発令することを検討しているもよう。ただ、自治体などとの調整次第ではずれ込む可能性はまだあるよう。一方、中国や欧米の製造業の改善、またワクチン普及に伴う世界経済改善への期待が強まる、アジア、欧州株式、ダウ先物は堅調に推移。EURは堅調。NY時間に入ると、米ジョージア州決選投票は2議席を争う決選投票。民主党が勝利すれば、上下両院で過半数をおさえ、最近よく耳にする「ブルーウェーブ」が実現となるとバイデン政権では増税するかも?一方で大型の経済政策も見込める?まあ、よくわかんないから今のうちに利食っておこうとダウ現物は一時700ドルを超えて下げた後、再び380ドル安まで反発。また、メディアで既に報道されていた英国全土のロックダウンが正式に発表され、英ポンドは急落。結果、NY時間は、堅調に推移していたEURも調整で下落。結果は$買いとなり、$円も103.25まで反発。

相場予想(チャート分析):

添付のチャートは$円の日足です。右下がりに$売り円買いのトレンドが継続しています。そしてだいたい描いた並行線と3角形の中に納まっていますね。102.70まで下落しましたが、また調整が入り103.25まで戻し、、ZigZagやりながら右下がりの値動き。上値が切り下がってきている、、、なんて表現をします。チャートから現在は102.70~103.60-70のエリアで推移しており、103.70を上抜けしてくれば104.60-70のエリアへ調整、、、また昨日の安値の102.70が下抜けしてくるなら102.00-10まで下落してくると予想されます。

Keep pushin'

2B Continue LLCOOLD2

投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、発行者は責任を負いかねますことをご了承願います。Chart1:提供Dukascopy BankSA

LIKE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。