為替情報:豪ドル、NZドルに上昇期待

大二です。

海外市場は米新大統領の就任式が、懸念された暴動やテロもなく終わりご祝儀相場

米株式主要3指数が史上最高値を更新し、世界株価を牽引。豪ドル、NZドル、カナダドル等の対資源国通貨中心にリスク選好のドル売り相場=直近の各国のロックダウン⇒経済回復懸念⇒安全資産通貨ドル買いの調整となっています。堅調に推移している豪ドルやNZドルに注目。週初には一部エコノミストが豪州とNZは他国よりも経済回復ペースが速く、豪失業率はすでにピークアウトし、「豪準備銀行(RBA)は4月には量的緩和を中止」「NZ準備銀行(RBNZ)は来年世界で最初に利上げを行う」とポジティブな見解を出しており、更に低下となれば、豪ドル上昇は81.30付近まで、81.50がしっかり上抜けしてくるなら86円台までの上昇期待。本日発表の12月の豪雇用統計は新規雇用者数が+5.00万人となり市場予想通り、失業率は6.6%となり市場予想の6.7%や前回の6.8%よりも改善。発表後の豪ドルは特に目立った反応はないものの80.40-50近辺で底硬い展開を維持。

相場予想(チャート分析):

中長期的には2014年の高値の100円台から59円まで下落後の調整ステージとなっており抵抗線はすでに76円付近で上抜けしており、目先は1円上の81.30-40がターゲットとなりますが、81.50付近が上抜けしてくるかどうかに注目。

NZドルも同様なチャートの形をしており、目先は76円台を目指す展開だが、76円をしっかり上抜けしてくるなら、ネクストレベルは80円。

投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、発行者は責任を負いかねますことをご了承願います。Chart1:提供Dukascopy BankSA

LIKE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。