為替情報:緊急事態宣言発令後の反応

大二です。

前回、景気後退時から株は上昇するとの説明をしましたが、

緊急事態宣言発令と共に株価上昇(実際には発令前から上昇)。

既に数日前から政府は主要メディアに事前にリークさせ、発表後のインパクトの軽減を図ったはずで、市場は既に織り込み済となっていた為、結果と内容は予想通りとなり、Sell on the Rumor Buying on the Fact ⇒ 噂の時点から売られて、実際に事実が判明するといっきに利食いで買い戻される典型的なパターンとなっています。日経平均株価は発表前から既に上昇し始め、前日比434.19円高で27,490.13円引け。$円は昨日、リスク回避の円買いで102.60と安値を10銭程更新しましたが、結果下抜けはせず、平行線の下限でサポートされ、本日7日のNY市場開始後に103.82まで上昇。リスク選好の円売りとなっています。

相場予想(チャート分析):

先日ご紹介した$円のチャートはやはり3角形の下限でサポートされ、102.60から反転上昇しており、また103.60-70がしっかり上抜けしてきており、103.60-70~104.60-70エリアにレンジがシフトアップされると思われます。

Keep pushin'

2B Continue LLCOOLD2

投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、発行者は責任を負いかねますことをご了承願います。Chart:提供Dukascopy BankSA

LIKE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。