師匠 ブライアン

大二です。

ハワイ屈指のライフガードでありウォーターマンのブライアン・ケアウラナ。

アウトリガーカヌーを始めたことがきっかけで知り合い、マカハで開催される

ケアウラナファミリー主催のバファロー・ビッグ・ボードコンテストに参加するようになりました。

日本でも東日本震災以前は鵠沼海岸で同大会が開催され、その際に彼が解く「ウォーター・リスク・マネージメント」、

今や米海兵隊がそのコンセプトを採りいれており、日本のライフセーバー、消防水難、サーファー対象に

2日間のセミナー形式で1日目は座学、2日目は実際に海での最新のレスキューの実技は体験。

自分は通訳等のサポートで参加しておりました。東日本震災以降は、WRMのみ、ブライアンとマカハのライフガードによって

実施されていました。

ブライアンは偶然にもムッシュ・シャプリエとも親交が深く、スモール・ワールド。

以下、まずは座学:

舫を結び競争

ビーチでインフレータブルのボード使用して救助方法を実践

ジェットスキーを使用し

Keep pushin'

2B Continued LLCOOLD2

 

 

 

LIKE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。