割と知らない足(趾)の動き

大二です。

今回ちらっと座学

人が歩くことにおいて重要な点は、、

踵から接地し、足の付け根辺りから着地後、趾でけり出す前後方向のみの単純な動きだけではなくて内側と外側縦アーチと

横アーチが活躍してくれています。

縦のアーチはこんな感じ:

内側/外側の縦のアーチが低すぎる足を偏平足で高すぎる足を凹足と言います。

横のアーチは以下

横のアーチが壊れる、ぺったんこになっちゃうと開張足(かいちょうそく)といって

胼胝(たこ)ができたり、幅広だけど薄い足のプロポーションが変ってきたり、

あと足の重要なエリアのポールジョイント部が痛くなってきてしまいます。

ポールジョイント部はここ↓ ここが歩くときに曲がる場所でとても大切

歩くときに曲がる場所

靴には外側、内側にポールジョイント部が設定されていて、シューフィティングの

チェック項目では靴が足に対して後方、やや後方、ちょうどよい、やや前方、前方と

5つで確認します。

靴は大概毎日履くのにシューフィッターは割と少ない、、、

オーロラシューズに携わるようになり、ちょっとはまり始めました、、、、

Keep pushin'

2B Continued LLCOOLD2

LIKE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。