今シーズン最後になるかも知れない寒気を求めて

大二です。

先週18日、恐らく今シーズン最後になるかも知れない寒気を求めて、

8:30からのセッションと高速ディスカウントのため、4:00前に圏央道に入り、小諸ICから湯ノ丸へ。

今回はかーちゃんのプジョーの雪道モードのアドバンスグリップコントロールを試したく、Syncro君はお休み。

ベース1900mで上がるので、登りに入ると底はアイシー、上に新雪の20~30cm(吹き溜まりはもっと、、)のったコンディション。

アールの強い、急こう配に対応できるか?! 結構イケました!平日で車は少ないので何度かストップアンドゴーを繰り返すものの

割とすんなりグリップして走り出してくれ、ウィ~~~とタイヤ空回り状態の何台かをやり越して到着。4駆にはかないませんが、

一応合格。急な登りのストップアンドゴーは雪道モードを外して2速発進の定番の方が、走り出しのグリップはベターでした。

気温-13℃。予報と違って雪。冷えているので結晶にはならない⇒フロントガラスに通常はいかにもの雪の結晶が見えるのですが

全くのさらさら。通常、板は雪をいったんとかして、ち~~~さな水の玉の上をすべるんですが、何せ低温+ドライで結晶が溶けずで

板は滑りづらくなります。

予想的中で板は走らず、雪は止んで晴れたものの-10℃までしか上がらず、

平日なので人がいません

今日も修行ボード SG 165 Fat

UP*4

Non-Stop 3.5K *5

Lunch & Rest

Non-Stop 3K*6

でパキット決めて3時上がりで終了

帰りの急な下りはヒルディセント(滑り具合と勾配でグリップコントロールしてくれ、ドライバーはハンドル操作のみ)を

を試してみましたが、雪が解けて威力発揮できずでした。

帰りの上信越で睡魔に襲われ、横川で休憩。ふと起きる起きると17時前の夕焼け

Keep pushin'

2B Continue LLCOOLD2

 

LIKE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。