ホノルルマラソン2021【当日編】

ALOHA🌈皆さまお久しぶりです、ハワイ店のEtsukoです emoji_etsuko

2022年が明けて約2週間、皆様いかがお過ごしでしょうか?ハワイは日の入り時間が日々遅くなっており、季節の変わり目を感じて過ごしております🌞

さて、今日のブログは前回の続きを書いていきたいと思います前回のホノルルマラソン2021参加への道のり編をまだお読みになられていない方は、是非こちらからホノルルマラソン2021【参加までの道のり編】👟 (sunnyandcompany.com)

2021年12月11日(土)マラソン前日。仕事を終え帰宅し、午前3時半起きの為、兎に角早く寝ようと準備をし22時には布団に入りましたが、ゴロゴロ・・・なかなか寝れませんで、まるで遠足前日の小学生のようでした

起床後は準備を進め予定通りの時間にスタート地点に到着しましたが、なかなかな混雑だったので後方からのスタートにしたのです。午前5時の合図と共に人は進み始めるもゆっくりと進んでいたので、スタート合図の後の花火も全て見てからのスタートとなりましたそして、その時には既に先頭集団がアラモアナに戻ってきておりまして凄いなぁと

Etsuko、スタートした最初は快調です✨アラモアナからダウンタウンを回りホノルルハレ前のクリスマスツリーと記念撮影をしてみたり、1キロ10分のペースで歩みを進めておりましたダウンタウン→アラモアナ→ワイキキ→カピオラニ公園までで10キロ、ここまでは順調で午前7時10分にカピオラニ公園通過✨よしよし、このままのペースでと思いながらダイヤモンドヘッドロウに差し掛かった時です・・・なんと、先頭集団がカピオラニに向かって前方から走って来るではありませんか私たち、まだ10キロ終えたばかりなのに、既に40キロ走り終えた方々がいるなんて・・・と驚きながらも進まなければなりません!進めば進むほど反対の舗道にはゴールに向かう選手が増えてきて、同じペースで歩く周りの人とお互いを励ましあいながら進む私たち

ダイヤモンドヘッドを半周してカハラ方面に向かい始める頃には陽も登り陽光がまぶしい時もありましたが、天気に恵まれて、暑すぎず寒すぎず雨も降らずに曇り空というマラソン日和そして、このカハラを過ぎたあたりからが今思い出しても悪夢と言えるハワイカイへの入り口でした

ハワイカイ、海が見えるのかな景色どんなかなと思っていた私に伝えたいです。期待してはいけないと・・・そう、ハワイカイは舗装されたコンクリート道路を約20キロ歩き続ける過酷な場所でした友人から聞いていたんです『ハワイカイが一番しんどい場所だよ』とでも、歩いたことの無い私はハワイカイにまだ夢を抱いておりました✨よく考えればそうなんです、ハワイカイは片側2車線の4車線道路が1本道に続いている場所だという事を・・・その先にあるハナウマベイやマカプウまでの道のりが海の見える道だと・・・

歩いても歩いてもコンクリートの舗装道路、前を見ても舗装道路、見えるのは先を歩く人の後ろ姿・・・あそこまで歩くのか、あとどの位なんだろうばかり考え心が折れかけましたしかも、ハワイカイはマラソンの折り返し地点なので言った道を帰ってこないといけないんです💦反対車線には帰路の皆さんがしんどいと言いながら歩いてるのを見て、私はあの場所に何時間後に立てるのかとただただ足を進める事しかできずハワイカイを抜ける頃には心は砕け散りかけておりましたが、大会の見回りの人が【Almost!】【You can do it!】と声をかけてくれたり、なんとか友人と鼓舞しあいながらカハラへと抜ける道にたどり着いたとき、見覚えのある景色に、あ!もうすぐゴールだ!!見たことある景色!と私は急に力がみなぎって来たのです!そう、それが勘違いと分かるまで1時間

歩けど歩けど思った道にたどり着かず、カハラ住宅街にあるT字路に差し掛かった時に気付いたのです。大いなる勘違いに自分が思っていたのはワイキキ方面に向かう道だったのですが、それよりも遥か遠いカハラ方面に向かっていることに気付いたのです。そしてその場所からカピオラニ公園まで普通に歩いても2時間という事を私は以前歩いたことがあり知っていたのです

今の状態は普通の状態ではなく、既に足は限界にきていて歩みは亀並みでした一度立ち止まり休憩すると、次に動き出した瞬間に自分の全体重が足首に乗り信じられないくらい足が重く痛みが増すこと、一歩をどう出していくのか頭で考えないと足を進められない程になっていて、カハラからワイキキを思うと遠くて長い道のり過ぎて涙が込み上げてましたそして、この辺りでも給水所などで声掛けしてくれる方々がいて『Almost!』って言うんですもうその頃の私は【Almost】が信じられなくなっており、Almostとは実際にはどのくらいを指すのかと友人に怒って聞いておりました

なんとか2時間かけてカハラを抜けて最後の難関、ダイヤモンドヘッドビーチへの登りからカピオラニへの下り坂、この頃には、どのタイミングでリタイアしようか、友人にいつ伝えようかばかりを考え歩き、それでもダイヤモンドヘッドビーチルックアウトでは記念撮影するくらいの気持ちが残っており、あと少し、きっと2時間後にはゴールして家のベッドに横たわっているはず!と信じて前に進み、なんとか坂を下りきった時、またもや【Almost!!】と声を掛けられ、そう!今こそその言葉!!とようやく笑顔で最後の夢見たゴールまでのストレートに入ったEtsukoでした emoji_etsuko

色々なことがあり最終的には10時間かかりましたが、なんとか最後まで諦めずにゴールで出来たこと、ケガもなく終えられてほっとしたのもつかの間、ゴール後にベンチに座ったのがダメでした・・・立てません。足が痛くて歩きたくありません。でも家まで送ってくれる迎えの車などありません。バスもバス停から歩きたくなかったので、最終手段のUber呼んでみましたUber待ち合わせポイントまで頑張って歩いて、車に乗り込み家に着いたことには満身創痍でした

でもゴールで素敵な瞬間に立ち会ったんです!一人前のランナーがゴールした瞬間、ゴールで待っていた恋人に膝をついてプロポーズされていてハッピーに溢れたゴール地点だったのです!!その後、フィニッシャーメダルとTシャツとバナナを頂きまして、先にゴールしていたおばさまが、『このバナナは人生で一番おいしいバナナだよ!』と私たちに話してくれて、どんな味かと食べてみたところ、間違いなく人生で一番美味しいバナナでした😋

たった10時間の間に色々なことを考えましたが、諦めなければ自分の力でやり遂げられる事を知れた良い機会でした emoji_etsuko 2022年のホノルルマラソンはフルではなく10Kを走ろうかなと思っておりますご参加される方がいましたら、是非その際はハワイ店に立ち寄って『ホノルルマラソン出ますよ!』とお声がけくださいませ emoji_etsuko

それでは、長いブログにお付き合い頂き有難うございました!!皆さま・・・A hui hou!!

🌈本日、エルベシャプリエのブログ【ハワイにも♡ (hervechapelierjapon.com)】も更新しております🌴是非ご覧くださいませ!!

LIKE!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。