マーケットバッグ

春に向けて!

こんにちは、
WEBスタッフのミーです sunny
早いもので1月もあとわずかですね!
春が待ち遠しい今日この頃
実は昨年アボカドを種から育てはじめてみたら、すくすく成長
寒い時期は休眠期なのですが、春から成長してくれることを今から楽しみにしています
さて、
春先に持ちたいリトルマーケットバッグをご紹介します
バッグの底にはカラフルなロゴが
気分をあげてくれます
内側、外側にポケットがあり、パスケースや鍵など小物の収納にも便利
 お散歩やちょっとしたお買い物にも使いやすい大きさです
私は愛犬のお散歩に使いたいと妄想中
↓↓↓
¥6,000+tax
コットン100%
W32×H27×D11(cm)
ハンドル 短:25 長 54(cm)
カラーも豊富です!!
他にもサイズが2サイズあります
↓↓↓
¥7,000+tax
¥11,000+tax
サイズ違いで持ってもいいですね
オンラインストアでは「ポイント10倍キャンペーン」を行っています
全商品ポイント10倍になりますので
この機会にぜひご利用ください sunny 
期間:01/22(金) 0:00 ~ 02/07(日) 23:59
◆サニー&カンパニーオンラインストア

プロサーフィンツアー

大二です。

プロサーファーはハワイ・ノースショアのビッグウェイブで求めるか、1~2月はオーストラリアでコンテストが集中するため、

セントラルコーストからゴールドコーストに滞在しポイントを稼ぐかを選択。

今回は森友二プロのコンテストツアー中の1日を紹介。

滞在はコンテスト会場に近いコンド

自炊+専属の料理人=大二

現地でよくお世話になったボードシェイパーに挨拶

その息子さんは兄貴的存在で久しぶりセッション

朝コンテスト会場へ

コンディションはサイズはあるがジャンキー

気合入るチューンを選択

ジャージーをピックアップし波のパターンに集中

さて結果は?

この顔、、3回戦で敗退、、

ニューキャッスルAPに送って次のコンテスト会場のゴールドコーストへ、

当時、自分は豪銀でFXディーラーだったので、さすがオージーの上司、サーフィンコンテストはオンラインでチェック済。

即、携帯に連絡が入りSydのオフィスに来いとのお達しで、出張に変更、、、、、、

Keep pushin’

2B Continue LLCOOLD2

ストレッチ&腹式呼吸

大二です。

この歳になると、トレーニング3&メンテ7でないと壊れちゃいます。

朝イチは自重、コアトレーニング、夜は風呂のあとにストレッチ。

今回はストレッチと腹式呼吸

起きてすぐにする骨盤を整える軽い運動は省き、股関節から

股関節から、広背筋、肩甲骨までゆっくり自分の体重の重みで

背筋に棒を通したように腰を立ててから、骨盤を前に倒すように、ゆっくりと前屈

身体に中心を感じるよう、支点を整え、Gと対話するイメージ

3点倒立もコアのチェックにはGood

夜はサッシに移るのでフォームチェクがイージー

Keep pushin’

2B Continue LLCOOLD2

冬装備

大二です。

冬装備のご紹介

今シーズンのメインゲレンデはの信州湯ノ丸高原。

アプローチは400mから1700mの高低差を15k登り、雪が乗っていると2駆では結構厳しい。

Syncro君も2速でヒーヒー言っており、たまに1速ってことも、、、、

冬装備一番軽いパターン1

ベースは朝イチー10°c

Topは2000m弱で、

 

雪がドライならオーロラはノンスリップ、、でもさすがに冷え、ブーツは万能で頑丈な2013PPへ。

Keep pushin’

2B Continue LLCOOLD2

 

Syncro

大二です。

’Syncro’ シンクロ、大好きな言葉。

「Syncroする」なんて動詞でも使っちゃいます。シンクロナイズドする、、って感じですか、、

たまに登場する自分のVWのT3Syncroで1989年生まれの31歳。オドメーターで230k mile走ってます。

エンジンは80kmile走ったものに乗せ換えたので、まだもうちょい頑張ってくれそうです。

長距離を走り無事に帰ってこれると、ほっとします。4駆なので雪道はめっぽう強いのですが、

高速は2500回転で50 mile, 60 mileだと3000回転以上になり、ちと苦しそう。

坂道はトラックと一緒に登板車線へ。でも車高があるので目線は一緒、、、

生まれは西独ですがCAからきました。向こうではこんなCARSの世界

CAの知り合いのDavidさんが見つけてくれ、ちなみに彼の車は手前のWesty

バックシャン

いっぱい入ります

今は冬仕様に

2B Continue LLCOOLD2

Keep pushin’