為替

為替情報:EUR円

大二です。

為替調整が始まっています。

上がったら下がる、下がったら上がる、、、

概況:

週末の米中会談が非難の応酬、またトルコ大統領が中銀総裁を突如解任。トルコリラが暴落(なんてどうでもよさそうですが、実はトルコは経常赤字の国で外資が欲しい、つまり赤字分を海外から調達しなければならないため金利が高く、ハイリスク、ハイリターン。FX会社を通じての証拠金取引も多いので注目されます)、非難の応酬だった割には会談後に国営の中国中央テレビが楊政治局委員(外交部門を統括)は「米中には、いくつかの重要な相違点があるが、会談は率直かつ建設的で有益だった」や、王毅外相は「対話を通じて緩和やコントロールすることができる」等と発言している為、対話が継続されるとの期待や、ワクチンの接種が全米で順調、NY州は4月1日からコンサートの開催に加えて、野球場での観覧を認め、AMCエンタテ—メントはカリフォルニア州での映画館営業再開。先週末時点では全米で98%の営業を再開とポジティブネタに対し欧州ではウイルスの変異種拡大やワクチン配給の混乱が響き、フランスとイタリアが再びロックダウン入り、ドイツも精査となっており経済回復の遅れ懸念。リスクオンかオフか?が注目された火曜の海外市場では、欧州は米の圧力と対中制裁へと移行。欧米と中国の対立を警戒してポジション調整で結果リスクオフ。グローバルの株価下落、為替市場はリスク回避の円売りで直近で上昇したクロス円の買い持ちの解消。仏伊がロックダウンしている為EURが最弱通貨となっています。バックシナリオは日経チックに表現すると欧米と中国の対立激化は世界継続の持続的な成長を阻害するとの思惑、、、」

チャート分析:

欧州景気回復懸念が市場をリードしておりEURがやり玉となっており、EUR円は今朝の東京開始後128.44まで下落。今年1月の安値の125円から130円台まで上昇分のだいたい3分の1調整をメイクしており、押し目としては美しいレベル。もう一押しあっても127.80-90の半値近辺までと思われます。また今回の上昇は121円台からスタートしており、右上がりのチャネル(平行線)内で、そこそこきれいに収まっており、自分なら128.50付近で少額買って、127.80-90の押し目で更に買い増し。損切は127.60でオーダーを出します。さてどうなる??Let’s see how it goes!!

投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、発行者は責任を負いかねますことをご了承願います。Chart1:提供Dukascopy BankSA

為替情報

大二です。

為替情報:$金利上昇、株価堅調、$高。

世界的に経済指標は堅調vs米FRBによる2023年までZero金利継続。機関投資家は債券買い持ちを解消し始め、飽和状態の債券相場が崩れ始める中、パーフォーマンスに伸び悩む債券ファンドがビットコインへシフト、また既に堅調な経済指標を背景に上昇し始めていた米金利は大手米銀の予想の上限であり、チャート分析上重要なレベルの1.45%を上抜け。パウエルFRB議長は市場の予想に反して金利上昇に対し懸念を示さなかったため、更に下落に拍車がかかり、債券からその他の金融商品にシフト。タイミングよくOPEC+が閣僚会議で減産継続を決定したことで原油先物がそのターゲットになり、WTIは1バレル=60ドルから68ドルまで急上昇。先週金曜日発表の2月の米失業率は6.2%と予想外に1月6.3%から低下し昨年3月来で最低。非農業部門雇用者数は前月比+37.9万人となり、伸びは1月+16.6万人から拡大し10月来で最大。$円は108.64高値まで上昇と米金利上昇、株価堅調、$上昇とVivaアメリカ状態で週を終えました。

相場予想(チャート分析):

前々回の為替情報では$円は105.75の高値まで上昇後104.41まで調整。米金利に敏感なため、105.75を上抜け、今朝の東京市場で109.23高値を付けています。FX会社さん等を通して104.60まで買い下がれた方はHappy Happy!!ではネクストムーブは?目先は109.60-70の昨年6月の高値。フィボナッチセオリーでは2020年のコロナ前の高値エリアの111円~112円まで全調整の可能性となります。米金利のトレンドは↑。FRB(アメリカの中央銀行)は急激な上昇は抑えてくるはずですが、もう調整があっても下がりません。Let’s see how it goes!

個人的には109.60-70↑抜けしたら利食います。約1カ月で4円$高円安となり、金融商品は年率〇〇%で表示されますが、1月で4%上昇し年率換算で*12=48%!こんなハイパーな金融商品はありません。あぶく銭なので目をつぶって利食います。

Keep pushin’

2B Continued LLCOOLD2

投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、発行者は責任を負いかねますことをご了承願います。Chart1:提供Dukascopy BankSA

 

為替情報:Aussie&KiwiにFocus

大二です。

1月21日のレポートで注目したオセアニア通貨のAussieとKiwiに再びフォーカス。ストリクトなロックダウンでとコロナいち抜け感がありでアウトパーフォームしています。前回記したように、一部のエコノミストはオーストラリア;失業率低下+4月には量的緩和を中止、ニュージーランド;世界で初めて利上げを行うと予想しており、Aussie円は前回メンションした81.50上抜けで82円台に乗せ、Kiwiも76円台にしっかり上乗せしてきました。フィボナッチ的には、それぞれ2017年の高値の90円から59円、83円から59円の61.8%を上抜けしてきており、ネクストターゲットは一応76.4%の83.20、78.20で、もみ合うと思われますが、結果、全調整の90円、83円をメイクしてくる可能性大。さて乞うご期待。

AUD円週足チャート:

NZD円週足チャート:

投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、発行者は責任を負いかねますことをご了承願います。Chart1:提供Dukascopy BankSA

Keep pushin’

2B Continued LLCOOLD2

為替情報

大二です。

久しぶりの為替情報です。

概況:

年明けから相場を動かした要因は、ワクチン普及期待、異変種登場、ワクチン効くの効かないの?世界各国は経済活動にはなるべく影響を与えないロックダウンアゲインが現状。ですがグローバルの株価堅調。特に米株は史上最高値を更新。経済指標はV字のターンをしてきていますが、我々の生活レベルは「えっそんな景気良いの?」てな感じですね?でも都内はフェラーリ、マセラッティ、ポルシェ、メルセデス、なんで?低金利でお金借りれちゃう人がたくさんいますし、日経もリーマンショック後の高値を更新して、儲かってる人結構います。直近は調整でいったん下落をしたものの、全世界的に少なくとも2023年まで低金利は継続。株も押し目は買いがメジャーシナリオとなっています。

相場予想(チャート分析):

さて為替。先週金曜、一番身近な$円は105.35-40で引けました。年初は102円台だったのに、、、との思われるでしょう。なぜ?背景としてこじつけ易いのは米金利。ニュースでも「米10年債券利回りが、、」とよく報道されますが、その米10年債券利回りが1%を上抜けしたことが一つのきっかけ。1月5日、6日に102円台まで下落後、米10年債利回りが1%抜けたとほぼ同時に反転上昇。ZigZagやったものの、先週金曜の海外で105.76高値まで。週末要因もありはいったん調整気味の雰囲気となっています。。添付の日足チャートのの3本の青い線は短期投機筋のシグナルで103.90~104.00付近、更に104.60付近で$買いをしており、押上げ要因となっています。これらのレベルを知っているかいないか?かなり重要。なぜ知っている?秘密です。

では、ネクストムーブは?浅くて105.00-05まで、教科書的には102.60から105.76まで上昇分の3分の1戻しの104.55-60まで調整下落後、反転上昇し、目先は106.05-10を目指す展開がベストシナリオ。ただ調整は最大で104.00-05まで下落の可能性もイメージしており、FX会社さんで取引をしている方が、リーブオーダーを出すなら、104.60、104.05でBid。If done(もし執行されたなら) 103.80でSTOP LOSS(損切り)てなオーダーを出すわけです。   さて当たるか?

投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、発行者は責任を負いかねますことをご了承願います。Chart1:提供Dukascopy BankSA

Keep pushin’

2B Continued LLCOOLD2

為替情報:豪ドル、NZドルに上昇期待

大二です。

海外市場は米新大統領の就任式が、懸念された暴動やテロもなく終わりご祝儀相場

米株式主要3指数が史上最高値を更新し、世界株価を牽引。豪ドル、NZドル、カナダドル等の対資源国通貨中心にリスク選好のドル売り相場=直近の各国のロックダウン⇒経済回復懸念⇒安全資産通貨ドル買いの調整となっています。堅調に推移している豪ドルやNZドルに注目。週初には一部エコノミストが豪州とNZは他国よりも経済回復ペースが速く、豪失業率はすでにピークアウトし、「豪準備銀行(RBA)は4月には量的緩和を中止」「NZ準備銀行(RBNZ)は来年世界で最初に利上げを行う」とポジティブな見解を出しており、更に低下となれば、豪ドル上昇は81.30付近まで、81.50がしっかり上抜けしてくるなら86円台までの上昇期待。本日発表の12月の豪雇用統計は新規雇用者数が+5.00万人となり市場予想通り、失業率は6.6%となり市場予想の6.7%や前回の6.8%よりも改善。発表後の豪ドルは特に目立った反応はないものの80.40-50近辺で底硬い展開を維持。

相場予想(チャート分析):

中長期的には2014年の高値の100円台から59円まで下落後の調整ステージとなっており抵抗線はすでに76円付近で上抜けしており、目先は1円上の81.30-40がターゲットとなりますが、81.50付近が上抜けしてくるかどうかに注目。

NZドルも同様なチャートの形をしており、目先は76円台を目指す展開だが、76円をしっかり上抜けしてくるなら、ネクストレベルは80円。

投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、発行者は責任を負いかねますことをご了承願います。Chart1:提供Dukascopy BankSA