BLOG

為替予想

大二です。

前職は外資系銀行の為替ディーラー。

1987年からなので2014年は米銀、2016年から2020年4月までは豪銀。

以下、直近の為替予想ですが、わかりづらい表現など多々あると思われますが、取り急ぎアップします。

質問等ございましたら、できる限りでお答えします。

概況:

米国

先週はバイデン勝利で不安定要因払拭+ファイザーのワクチン感染予防の効果報道で、ダウは史上最高値を一時更新し3万ドル手前まで上昇。米10年債券利回りも0.97%台と1%に迫り、$円は105.65、EUR円は125.13まで上昇に対して、今週は、感染者数の増加、ワクチンもまだ供給量が不十分な可能性が高く、北半球の冬季突入で第3波による悪化懸念が優勢となり、また来週は23日が日本祝日、26日が米感謝祭で利食いモード。103.65、122.85までそれぞれ調整で下落。引けは103.85、123.10。トランプの法廷闘争、徹底抗戦⇒政権移行が全ての分野にわたって大幅な遅れ⇒市場の反応は今のところ$売りとなっているが、年末の$需要や経済ファンダメンタルズ的にはアメリカ有利な為、下落幅も今のところは限定的と思われる。

【欧州】

*ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁は「景気回復のためには、断固たる措置が必要」12月10日の欧州理事会強力な金融政策パッケージを打ち出すと公約しており欧州金利の下押し圧力+EUR高牽制で上値は限定的。

*英国と欧州連合(EU)の将来関係を巡る交渉は継続中。フォンデアライエン欧州委員長は20日の記者会見で「一致できていない部分も残っているが、ここ数日で良い進展が見られた」と発言し、合意期待からポンドはじり高で引け。

相場予想(チャート分析):

短期投機筋による売買よる相場展開が継続。機関投資家による中長期のトレンドを形成する資金フローは見られない。

$円はモデルに基づき短期の売買を繰り返す米系ファンドは既に$円は売り持ちとなっており、前回安値の103.10-20をいったん試すものの、更に大きくポジションを売り持ちに傾けるとは可能性は低く、いったん跳ね返されるリスク。104.20-30には短期の抵抗線があり上抜けの際は104.65-70と105.15-20までの上昇余地。また103円を下抜けした際は101.70-80~102.00-10でもしっかり拾っていきたい。

EUR円もじょじょに上値を切り下げてきており、目先は、$円同様、前回安値の122.60-70が押し目のターゲットだが、仮に下抜けしたなら、120.75-85まで下落の余地あり。上の抵抗線は124.45-55。

2B Continue D2

Keep pushin’

投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。また、本レポートに記載された 意見や予測等は、今後予告なしに変更されることがございます。なお、本レポートにより利用者の皆様に生じたいかなる損害についても、発行者は責任を負いかねますことをご了承願います。Chart:提供Dukascopy BankSA

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*